無題

自分で死ぬ元気があるうちに、

自分で死にたいのである。

 

やりたいことはもう終わった・・・・

この世でやりたいことはもうそんなにない。

 

こんなに苦しいのなら、もう死にたいのである。

 

もっと不幸になる前に今死にたいのである。

 

僕には体の衰えがどうしようもなく不幸だ。

若い時の財産も宝物もない。

 

自殺。

 

唯一、母には悪いと思う。

母は苦しむだろう。

だけど、自分の人生の方が大事。

だから死ぬ。自分で。

 

 

生きていることと死んでいることは

皆が思うほど大した違いはない。

 

生と死は、そんなに変わらない。

 

皆が学校や専攻や仕事や伴侶を選ぶのと同じように、

僕は死を選ぶ。

 

あとは向こう側に一歩進むだけ。

必要なのは、勇気。

 

 

「人は思想では死ねない」

と誰かが言ってた。

 

それならば、僕が死ぬとしたら、

それは自然の摂理なんだろう。

 

もうこの、感情も脳も身体も

こりごりなのである。

 

 

死にたい。

こんなに死にたいのに

なぜ死ねない?

 

もうかんべんしてくれ。

許してくれ。

 

P.S.

もし、キレイに死ねなかったら、

ムリして棺に入れないで。あんまり死体を見ないで。

そんなん、怖いから。

燃やして

草木にでもまいて下さい。

 

 

 

また取り戻せないものを失った

2017年1月から2018年3月まで続いたニート生活は、
2018年4月から、色々あって突如決まった就職によって終わりを迎えてしまった。

千葉の家を引き払い、東京の外れに家を借りて、働き始めた。
入って1か月で勤務地が変わり、通勤に1時間以上かかるようになってしまった。

入ってすぐ、持病の潰瘍性大腸炎が再燃してしまい、8月には入院、休職。
9月頭くらいには症状は良くなったが、仕事復帰は11月下旬だった。休職期間は約3ヶ月半。

体重は7kg減った。
治ってしばらく、身体が動かなくなった。(おそらくメンタル的なことが原因だと思う。)好きなトレーニングも勉強も旅もしなかった。

通勤が楽になるようにと勤務地の近くにまた引っ越した。

自分のやってることが無駄すぎて泣きそうになった。
少し回復したが、しばらく抑鬱状態が続いた。

ニート生活の最後にした大きすぎる恋はなくなり、
せっかくつけた筋肉も減った。
まあまあ時間をかけて勉強した資格試験は、天気の影響で会場にたどり着けなかった。
二度の引越しで金はなくなった。

働くこと自体に疑問を感じていたのに、
気付けば仕事のために金が減り、無駄な行動が増えた。
一番大事な体調も犠牲にしてた。

批判を受けるのは重々承知だが、
僕は半年くらい前、働いてない頃の自分の方が好きである。

本を読んだり
旅をしたり
映画を見たり
きれいな景色を見たり
好きなこと=体を動かすこと
をしたり
体重を増やしたり
料理したり
勉強したり


そうゆうことがしたいんだ。


あの頃の自分には戻れないだろうか。

あれは悟り?それとも発狂?

 

今日の昼くらい、自己と世界が溶け合うような感覚が確かにあった。

それと同時にめちゃめちゃ怖くなって発狂しそうになったので現実に引き返してきた。

あのまま行ってたらどうなっていたのか。おそらく発狂していただろうと思う。

正直もうあそこには行きたくないと思った。

あの先には何があるんだろうか。悟りか発狂か。悟りなんて本当にあるのだろうか。

 

「私」とはなんだろうかと暇なせいか良く考える。

私なんてものは存在しないのではないかと思う。

ただ自己を増殖しようとする謎のシステム=DNAと、人間が作り上げてきた巨大な虚構があるだけだ。

 

 

公務員の講演会

公務員志望の学生向け講演があったので、東大駒場キャンパスに行ってきました。

 

端的に言うとめっちゃメンタルにきました。

薄々感じていたことではあるけど、どうやら僕は都内の大学にかなりのコンプレックスを持っているようです。

東京都心にある、日本最高学府の立派なキャンパスは僕の心を打ちのめすには十分すぎるものでした。

 

最近、高校も大学も本当にクソみたいな環境だったんだなとよく感じます。

高校は学校自体(校則や雰囲気等全て)が、大学は友人関係が本当にクソだった。

 

これを書いている今も正直気が狂いそうです。

 

もう一つ、講師の方と自分を比べて思ったこと。

・心が全く健康状態にないこと。

・キャパが少なすぎること。

です。

 

色々なことに気付けたので、

 

肝心の公務員についてはというと…

公務員試験対策の勉強なんてしてる暇ねえなと思いました。

 

 

鬱状態だけど、そういう人生だし、そういう人間だから仕方ないないのかなと。自分を責めるのはダメだと思いました。

 

 

小学校の時ちやほやされすぎて、周りの評価を得られないことに慣れていないのかもしれない。

 

 

あ、それと乃木坂のライブめっちゃ行きたかったな。

 

 

「休日は何をしているの?」と聞かれるのが嫌い

「今何してるの?」とよく聞かれます。

多分正直に答えたら見下されそうなので、この質問が好きじゃないです。

 

実際何をしているかというと、筋トレと英語の勉強をしているくらいです。

あとは飯作ったり、家事や金の管理したり、オナニーしたり(ここ大事)。

本当にそれだけです。

 

人から見たら何もしてないのと変わらないかもしれませんが、僕にはこれ位しかできないし、僕にとっては筋トレも英語もとても価値のあることです。

 

 

 

 

 

友達について。

 

最近、友達を全切りしてもいいかなと考えています。

友達と会っても大して面白くないし、生活リズムが崩れて心の底から嫌な気分になることが多いです。金もかかるし。

 

で気付いたのですが、これは誰々がどうこうということではなく、自分自身の問題なんじゃないかなと。

 

 

いつか人里に戻ってくると思う。

それまで、さようなら。